,

健康経営

健康経営とは従業員の健康保持・増進などの取組を、将来に向けた投資と経営的視点から考え、戦略的に実践することで営業利益の向上を目指す取り組みです。

現在、経済産業省が健康経営の普及を促しており、取り組んだ企業は、健康経営優良法人として認定を受けることができるようになりました。認定企業は、様々なインセンティブを付与される事で、同業他社との差別化が可能となります。

 

健康経営優良法人認定制度とは

地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度。

従業員や求職者、関係企業や金融機関などから社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標にしている。

認定された企業は、専用のロゴが使用可能となり、経済産業省のホームページで社名が公表されるほか、様々なインセンティブが付与される。

 

インセンティブの付与

〇金融市場 EX)地銀等からの低金利融資等

〇労働市場 EX)人材紹介・派遣会社などの採用広告掲載時に、専用ロゴの使用

〇入札   EX)総合ポイント制の競争入札でのポイント付与

事業所のご要望に応じてサービス内容を組み合わせることが可能です。
ご要望に応じたお見積り(無料)も承っております。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

関連商品

  1. 職場のメンタルヘルス外部相談窓口の設置

  2. 研修・講演

  3. スマートフォンEAP相談窓口

  4. 産業医紹介

  5. パワーハラスメント対策

    2022年4月より中小企業のパワーハラスメント対策義務化が始まりましたがあなたの職場は大丈夫ですか?ノーティスでは職場の心理相談の経験を活かし公認心理師、臨床心理士といった有資格者がハラスメント等の相談を担う外部相談窓口サービスを提供しています。

  6. 復職支援

ページ上部へ戻る